Notifications
ログイン
jp

AskGamblersの物語

すべては2005年に始まりました。私は法学生で、ルームメートとアパートを借りて典型的な学生生活を送っていました。元来デザイナーの私は常にIT関連のクリエイティブな仕事を探しており、主にウェブデザインの仕事を手掛けていました。当時はフリーランスの仕事を見つけるのは難しかったうえに報酬もよくありませんでした。

ある晩、ルームメートが洒落た白のシャツと黒いパンツを着ていることに気づきました。なんだか不格好で、ウェイターやバーテンダーのようないでたちです。事実、その彼は新たにオープンした豪華なカジノでバーテンダーとして働くことになったのです。当時、周りでカジノの知識がある人は誰もおらず、このルームメートが私をこの業界に入るきっかけとなったのです。

数週間後、ルームメートはしきりにその新しい仕事と相当な額の給料について語りました。そして私もそのカジノで仕事をしてみたいと思いました。そうすればお金を稼ぐことができます。唯一募集していたポジションは、バーテンダーの夜間シフトでした。バーテンダーのような仕事経験はなかたったのでスキルに自信がありませんでしたが、お金が必要だったしすぐに学ぶことができるだろうと思っていました。

仕事を始めた瞬間から、私は最悪のバーテンダーになると確信しました。その通りに世界で最悪のバーテンダーになったのです。お酒について無知だったので、ウイスキーと同じだろうと思って高価なコニャックに氷を入れてサーブしたこともあります。忙しくない時は、バーでいつも寝落ちしていました。当然カメラにその姿が映っています。フリーランスでやっていたWebデザインの仕事をバーでしていたこともばれました。わずか20日間で、これは自分に向いていないと確信し辞めることを決断しました。

夜勤明けに上司のひとりが階下のカジノロビーで朝のコーヒーを飲んでいるのを見ました。その上司はバーでラップトップを開けてるところを見つかった新人の話を耳にしており、私に何をしていたのか尋ねてきました。そして、ウェブサイトを構築できるか聞いてきたのです。私はウェブデザインについていくらか知識があり、カジノ側は自分たちのビジネスためにウェブサイトを構築する人物を必要としていました。そうすることで彼らはオンラインスペースのカジノを展開することができます。まったく予想外のことが起こりました。辞める代わりに本部で働かないかとオファーされたのです。

何百ものコンピューターとテレビ画面、忙しそうに走り回る社員がいるすばらしい本社に足を踏み入れたとき、圧倒されました。そして、私はここに属していると感じました。バーには居場所がありませんでしたが、ここには自分のデスクがあり、新しいラップトップが与えられ、オンラインギャンブルの世界について学ぶことになったのです。

これは私にとってまったく新しい未踏の地だったので、日々オンラインカジノ、ゲーム、オンラインマーケティングなどのリサーチに明け暮れました。私のデザインスキルとこの会社の巨大なリソースを組み合わせれば最高のビジネスができるだろうと感じました。

好奇心旺盛で起業家精神が強かった私は、自分でできることを次々と見つけていきました。カジノを宣伝する多くの人気ウェブサイトを見て、私は自分のスキル、経験、知識を合わせてこの会社ではたらくことで、より良いビジネスができると100%確信しました。

私の最も役立つスキルを使って、主にデザインを重視した自分自身のウェブサイトを作り始めました。数週間後、私はAskGamblersを立ち上げました。

AskGamblersを起動する

発売当日はあまり期待していませんでした。誰もこのことについて聞いたことがないことは理解していました。当時はトラフィックや話題作りに欠かせないFacebook、Twitterやその他人気のソーシャルメディアが現れる前の時代でした。ではどのようにして始めたのでしょうか?

2006 2007 2008 2009 2010 2011 2012 2014 2016

振り返ってみると、今日利用可能なサービスが全くない状態で、どのようにして私たちがここまで来れたのかわかりません。一人目の訪問者を得ることが本当に大変でした。資金も無く、オンラインメディアも何もない中で、非常に多くの時間がかかりました。当時の遅さを知っている私は、今日の技術の可能性を知っているが故に、今AGを立ち上げていたならば全てが違っていたと断言できます。

私はウェブサイトのあらゆる細部にこだわりました。すべてのピクセルには特定の場所がありました。間違いの余地はありませんでした。私は常にさらに改良することができると思っていたので、物事を変えたりしていつも改善し続けました。私の代わりに働いてくれる人々にお金を払えるほど十分なお金がなかったのですが、新しいコンテンツを追加したり情報を検索したり更新したりするのを手伝ってくれたボランティアや友達が大勢いました。

限界

この業界はギャンブラーたちがいてこそ成り立ちます。カジノゲームをプレイすることで、この業界についての経験と洞察力を得ることができ、本やブログ、オンラインフォーラムからの知識よりはるかに多くのことを得ることができます。私はギャンブルをしたことがなく、ギャンブルに興味を持ったこともありませんでした。私のギャンブルの知識は私が長年にわたってこのビジネスを運営して培ったものであり、実際、一度もギャンブルをしたことがないんです。

そして私は言語の壁を常に感じていました。私は英語がかなり得意ですが、公式記事、ブログ投稿、レビュー、またはその他を書くことはできません。そのため、英語のネイティブを常に雇わなければなりませんでした。

これらの制限があっても、私は自分が構築したいものについて明確なビジョンを持っており、不可能だと思ったことはありませんでした。

混乱

当然のことながら、私たちは最高のウェブサイトを構築し、世界中のすべてのカジノを1か所にまとめたいと考えました。ただそれだけでは飽き足らず、ポーカー、スポーツブック、ビンゴ、宝くじ、バックギャモン、スキルゲームといった他のゲームも含めて拡大していきたいと思いました。また、他の言語でも提供したいと考え、世界中の翻訳者が1年以上にわたって何十万ものページを翻訳することになりました。

私たちは非常に多くの情報を有しているので、制御と更新に大変な手間がかかりました。これらのウェブサイトはすべて急速に変化してくので、常に変更を追跡しコンテンツを常に最新の状態に保つ必要がありました。コンテンツ管理のためだけに少なくとも追加で数十人の要員がいりました。古いコンテンツを更新することに時間がかかりすぎて新しいコンテンツを作ることができませんでした。またデータベースが複雑化し過ぎてスタッフが忙殺されたため、この戦略はうまくいきませんでした。何かを変更するしかありませんでした。

選択肢は、継続して当社のウェブサイトにオンラインギャンブルコンテンツ全体を掲載すること、もしくは特定のものに焦点を合てることのどちらかでした。市場調査の結果、AskGamblersがカジノのポータルサイトとして最も認知されていることがわかりました。そのことを踏まえ、特定の分野に注力することになったのです。そこでウェブコンテンツ全体の約80%をカットしました。それは大きな犠牲や無駄のように思えるかもしれませんが、実際は、私たちがした最高の決断でした。

私たちは、やらないといけない決断を下したまでです。そして私たちの経験を通じて学んだもう一つの重要な教訓になったのです。

公正なプレイ

よく知られたカジノポータルとして、私たちは他のポータルとの差別化を図り、このビジネスにおけるポータル基準を設定したいと考えていました。私たちのポータルはカジノについて必要な情報をほぼ提供しています。優れたカジノレビュー、最新のボーナスや特典、ニュース、ブログ、フォーラム、あらゆる種類のカジノゲーム、カジノ自動苦情システム、カジノニュースレターなどを提供しています。

ギャンブル業界に携わったこの数年を経て、プレイヤーに最も喜ばれるサービスは信頼であると認識しています。不正カジノはプレイヤーにすぐに認識され、長く続くことはありません。ギャンブル業界で信頼性を得るために、私たちは努力とリソース収集に勤しんで来ました。そして、これが私たちの使命となったのです。

数年前、私たちは無料の自動化苦情システムを構築しました。このシステムは、プレイヤーとカジノ間の争議解決をサポートします。これらの争議は通常、プレイヤーに対する賞金の支払いに関してです。今日まで、私たちは無償で何千人ものプレーヤーが賞金合計数百万ドルを獲得するのをサポートして来ました。これは業界に大きな影響を与えました。

苦情と並行して、私たちは評判の良い、および不正なカジノをみつけ、プレイヤーがプレーを始める前に情報を提供するようにしています。当社のクレームシステムまたはユーザーレビューを通じて長年にわたって収集した情報はすべて透過的に公開され、各カジノの最も正確な洞察を皆さまに提供しています。私たちが収集した情報量をもとに、独自のアルゴリズムを作成しカジノランクを作り上げました。

私たちは評判を保ちつつカジノの信頼性を促進し、当カジノポータルを維持するために常に懸命に働いています。私たちは常に公正なプレーと真実を守るために闘っています。私たちのモットーは、私たちが何を求めているかを完璧に表しています。

真実を知る。そしてプレイをしよう。